国民年金がよくわかる「ねんきん!」

国民年金のこと、もっとわかりやすく。もっとお得に。

口座引き落としでほぼ一月分が無料になる国民年金の前納割引

      2016/08/12

口座振替で国民年金保険料を安くする方法

国民年金保険料を口座からの引き落としにするだけで、年金保険料が割引になります。
どうせ払うんだったら、少しでも安くなる方法で払いませんか?


口座振替のメリットは、銀行やコンビニに行かなくていいだけじゃないんですよ。

1年分をまとめて口座振替で払うと3,840円の割引に

毎年手元に届く国民年金保険料の納付書。これを使ってコンビニや郵便局・銀行で、毎月払っている人はそれだけで損しています。

毎月、銀行や郵便局、コンビニで納めている年金保険料を、年1回の口座から引き落し(口座振替)に切り替えるだけ。
これだけで、「国民年金前納割引(口座振替 前納 1年度分)」の対象となり、年間3,840円 割引になります。

国民年金前納割引(口座振替 前納1年度分)

保険料をコンビニ等で毎月支払う場合、保険料の年間総額は、
183,000 円 (月払保険料 15,250円 × 12 ヶ月 ) となります。

計算

これを、年1回の口座振替に切り替えるだけで、国民年金前納割引(口座振替 前納1年度分)の対象となります。
保険料の年間総額は、179,160 円 (月払保険料 15,250円 × 12 ヶ月 – 割引 3,840円) となり、
月額換算すると、14,966円で、約2.8%の割引になります。

さらに2年分をまとめて口座振替で払うと14,800円の割引に

毎月、銀行や郵便局、コンビニで納めている年金保険料を、2年分まとめて口座から引き落し(口座振替)に切り替えるだけ。
これだけで、「国民年金前納割引(口座振替 前納 2年度分)」の対象となり、2年間で14,800円、年間7,400円 割引になります。
2年まとめて払うと、ざっくり一ヶ月分の保険料が割引になるわけです。

国民年金前納割引(口座振替 前納2年度分)

保険料をコンビニ等で毎月支払う場合、保険料の年間総額は、
183,000 円 (月払保険料 15,250円 × 12 ヶ月 ) となります。

これを、2年分一括の口座振替に切り替えるだけで、国民年金前納割引(口座振替 前納2年度分)の対象になります。
保険料の2年間総額は、351,200 円 (月払保険料 15,250円 × 24 ヶ月 – 割引 14,800円) となり、月額換算すると、14,633円で、約4%の割引になります。

国民年金前納割引(口座振替 早割/前納1年分/前納2年分)を申し込むには

国民年金前納割引(口座振替)を受けるには、口座振替の手続きが必要です。
毎年送られてくる納付書と一緒に、「国民年金口座振替納付申請書」と書かれた書類があります。
その納付書にはあなたの情報がすでに記載されていますので、その用紙を使いましょう。手元に用紙がない場合には、金融機関の窓口や日本年金機構のホームページで入手できます。

申請書の「振替方法」欄の記入方法により、支払い方法と割引額が変わってきますので注意してください。

3番の「1年前納」を選ぶと、3,840円の割引になり、毎年4月末に4月~翌年3月分の保険料が一括で引き落とされます。
5番の「2年前納」を選ぶと、14,800円の割引になり、2年に1回、4月~翌々年3月分の保険料が一括で引き落とされます。

正しい振替方法を選んだら、引き落としをしたい銀行口座の口座番号、名義を記入し、届け出印鑑を押したあとで、金融機関窓口か年金事務所に提出してください。

国民年金前納割引(現金払 前納1年分)のデメリットは

国民年金前納割引(口座振替 前納1年分)には、デメリットもありますので、注意してください。

まとまった現金が必要になる

1年分または、2年分の前納として認められるには、4月末日までに保険料の全額を口座に準備しておく必要があります。
そのため、2年前納の場合で約35万円と、まとまった現金を用意しておく必要があります。
ちなみに、国民年金前納割引には、6ヶ月毎に前納する「国民年金前納割引(口座振替 6ヶ月前納 )」や、1ヶ月毎に前納する「国民年金前納割引(口座振替 早割)」もあります。
年単位の前払いよりも割引額が少なくなってしまいますが、この制度を利用するのもいいでしょう。

前納した保険料は戻ってこない

保険料を支払うことが困難な人向けに、「一定の条件にあてはまれば保険料の支払いを免除する」様々な免除制度が用意されていますが、前払いした期間については、免除制度の対象外となります。
向こう1年間で大きく収入が減ることがわかっている場合には、国民年金前納割引で払ってしまうと、減免を受けることができず、結果的に損することになります。

他にも得する払い方があります

国民年金保険料をクレジットカードで払うこともできます。保険料の支払いにポイントがつく …

NEXT : 国民年金保険料最強の支払い方法はクレジットカードで1年間前払い

 - 年金保険料を安くする ,